ベッドの選び方や通販での購入をおすすめする理由

ベッドのサイズ

ベッドにはサイズが豊富にあります。そのひとつひとつに名前が付けられており、十数種類もあります。その中でも、主流となっているサイズを一緒に見ていきましょう。

ベッドサイズの種類

  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル
  • クイーン
  • キング

ベッドの選び方や通販での購入をおすすめする理由

寝具

サイズを決める

ベッドを選ぶ時は、まずサイズ選びから始めるといいでしょう。自分の寝室の広さを考えて、バランスの取れたサイズを購入するようにしましょう。ワンルームに一人暮らしなのにキングサイズのベッドを買ってしまうと、部屋のほとんどがベッドに取られてしまいます。大人が一人で利用するのであれば、シングルかセミダブルがおすすめです。通販で購入するとサイズが豊富にあるので、自分にピッタリのものを見付けることができるでしょう。

ベッドの高さを決める

ベッドはサイズがさまざまなように、高さも商品によって大きく変わります。ベットの高さを大きく分けると、とても低いフロアタイプや、高さを利用してベッド下の部分を有効活用できるロフトタイプ、50センチほどの一般的な高さのベッドの3種類が主流です。体のことを考えるのであれば、50センチほどの高さのベッドを購入した方がいいでしょう。寝たり起きたりする動作に負担が掛かりにくいです。

通気性を確認する

通気性はベッドを選ぶ上でとても重要な項目になります。寝ている間はコップ1~2杯分の汗をかくと言われいるので、通気性の悪いベッドだと、マットや布団がカビてしまう原因となってしまいます。それを防ぐためには、すのこ素材を利用したベッドを選ぶといいでしょう。通気性に優れているので、すのこが無いタイプよりカビが生えてくる確率が大幅に下がります。

ベッドボードの有無

ベッドボードとは、ベットの頭部分にある収納などがついているパーツのことを指しています。ベッドボードのデザインと機能性は、ベッドの印象を大きく左右するといっても過言ではありません。落下防止だけが目的の柵のようなものから、収納がついていたり、小物が置けるようになっているものまでさまざまです。ベッドによっては照明までついている多機能なものまであります。ベッドボードの機能を確認して選ぶようにするといいでしょう。

シーンで最適なベッドを選ぶ

一人暮らし

一人暮らしの方におすすめなベッドは、ほぼ全てのタイプだと言えます。先ほども説明しましたが、サイズ感にだけ注意するようにしましょう。寝室が別にあるならサイズの大きいベッドでもいいですが、一人暮らしをしている方はワンルームタイプに住んでいる方が多いと思うので、気を付けましょう。

カップル

一緒に暮らし始めたカップルは、同じベッドに寝るために大きめのベッドを購入することがあります。ですが、睡眠は人によって癖があります。人間は睡眠を邪魔されてしまうと、ストレスの原因となってしまい、大好きだった相手のことが嫌になってきてしまいます。それを避けるためにも、ベッドルームは分けた方がいいでしょう。それが無理な場合は、後から変更できるようにシングルサイズを二つ買うことをおすすめします。

夫婦

熱々なカップルではなく、結婚してから時間が経っている夫婦の場合を考えてみましょう。夫婦であれば、お互いのことを良く知っているので、行動パターンや癖、性格などを考慮して選ぶことができるでしょう。マットレスの硬さの好みなどが異なる場合であれば、カップル同様にシングルサイズで分けた方がいいでしょう。

子ども

子どものベッドはデザイン性よりも機能性を重視するようにしましょう。特に通気性はよく確認した方がいいです。子どもは大人よりもたくさんの汗をかきます。なので、通気性の悪いベッドを購入してしまうと、カビが生えてアレルギーを引き起こす原因となってしまうという悪循環が起こります。

老人

老人の方は、高さの低いベッドを使用することで、転落により怪我をするリスクを下げることができます。また、高さのあるベッドを購入するのであれば、周りが寝相程度では落ちないほどに囲まれているものを選ぶようにしましょう。

広告募集中